知らないとヤバい!コントロールショットは小さく打てばいいわけではない!

スイング全般

知らないとヤバい!コントロールショットは小さく打てばいいわけではない!

知らないとヤバい!コントロールショットは小さく打てばいいわけではない!


コントロールショット!
普段のゴルフでどれだけ使っているでしょうか?


コントロールショットとは、狙い通りコントロールするという
意味では、ほぼ全てのショットがコントロールショットと
思っていてもいいですよね。


ドライバーからアイアンまで、基本は狙い通り打つ事が目的ですからね。


ただやはりグリーンを直接狙うショットを打つ場合は、
特に方向や距離をしっかり定めたコントロールショットを
意識するでしょう。


5番アイアンでももちろんグリーンは狙いますが、
8番の方がより具体的に考えられますね。


例えば、8番アイアンでフルショットでグリーンを狙うというより
8番ではコントロールショットで、狙い通り打つ方が
グリーンに乗る確率も高くなります。


たまに「8番で150y飛ばしたいです」という人がいますが、
それはそれでいいですが、飛距離よりも狙い通り打つ事の方が
8番には大事ですよね。


150y飛ばそうとするより、140yを狙い通り打てる方が
スコアに直結します。


ただコントロールショットをする時は、ただスイングを小さくする
だけでは、上手く打てない場合もあります。


特に軸が動いてしまうとヘッドがしっかり加速しなくなるので
距離も方向も悪くなり、またトップする事も増えてしまいます。


小さなスイングだけに、軸が少し動くだけでミスにもなりやすく
なるので、しっかりと下半身の軸はキープしたいものです。


コントロールショットは、手や腕、クラブの動きを意識する場合が
多いですが、下半身がしっかりしている事が条件なので、
もし思うようにコントロールショットが打てない、ミスが出やすいと言う場合は、
軸が保てているか、下半身が動いていないかをチェックしてみましょうね。


コントロールショットは、下半身が安定したら、簡単なショットで
使えるショットなので、是非とも打てるようになりましょうね。




コントロールショットとフルショットの違い

タイガーウッズ スイング解析 138Y コントロールショット

ライによって打ち方を変える  コントロールショット

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ