知らなきゃ損!大きな失敗をしなくなるパットのコツ

パター

知らなきゃ損!大きな失敗をしなくなるパットのコツ

知らなきゃ損!大きな失敗をしなくなるパットのコツ


実は以外と簡単です。
それは「半分は打つ!」という意識です。


30yのパットでどれくらい打てばいいのか
検討もつかない場合など、ボールとカップの
真ん中に立ちます。


そして、ボールに戻りアドレスし、
さっき自分が立ったボールとカップの真ん中の
位置を目で確認します。


「あの半分までは打とう!あの半分以上は打とう!」
と気持ちに整理をつけて打つのです。


距離の長いパター(アプローチも含む)では、
距離感の見当がつかないので、
どれくらい打てばいいのかわからず20yのパットを
20yもオーバーするといった事態になるのです。


半分でなくても当然OKです。
10yのパットなら「3分の2の位置までは打とう」
「できれば3分の2よりは少し強く打とう」と
距離に目標を持つ事が大事です。


ロングパットは、距離に目標を置きましょう!
そうすると大きな失敗はしなくなるのです。



ゴルフスイングの基本 パターの打ち方

ロングパットのコツ

目からウロコ!パターの距離感のつかみ方《ゴルフ》コンバインドプレーン理論:安藤秀

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ