あなたは大丈夫?短いロングホールは特に注意が必要!

コース攻略

あなたは大丈夫?短いロングホールは特に注意が必要!

あなたは大丈夫?短いロングホールは特に注意が必要!


ロングホールは、打つ前にしっかり分割して
考える事ができれば、飛ばさなきゃという距離の
プレッシャーから解放されます。


しかし、距離に対するプレッシャーが無くなれば
ロングホールは全て克服できるという訳でも
ありません。


ゴルフコースというのは、
ホールごとにコンセプトを持って設計されています。


距離の長いロングホールは、
「距離」にコンセプトを置いて設計されています。


その為、距離は長くてもフェアウェイが広かったり、
バンカーが簡単だったり、距離以外は難しく
していない場合が多いのです。


逆に、短めのロングホールは、
コンセプトが距離ではありません。


その為、コースが曲がっていたり(ドッグレッグ)、
難しい位置にバンカーを配置していたり、
池があったり、グリーンが難しかったりと、
長めのロングホールと比べると、
落とし穴がたくさん隠れています。


100を切れない人は、ロングホールで距離が
短いとそれだけで楽な気持ちになることが多いですが、
実は普段以上に注意が必要なのです。


しかし、攻略法はコースが長くても短くても同じで、
しっかり分割して考えます。


470yだとすると、180y、160y、
130yこれくらいなら無理しなくても打てる距離では
ないでしょうか。


そして、ティーショットから180y地点には
何があるか?340y地点には何があるか?
池なのかバンカーなのかフェアウェイが狭いのかと
1打目を打つ前に確認しましょう。


もし、200y付近にアゴの高いバンカーが
あるとすれば、180yだけを打つ事に専念します。


「難しいバンカーに入ったらどうしよう~」
ではなく、180yだけをしっかり打つという
コンセプトを持ってティーショットに入るのです。


短いロングホールは
距離以外の落とし穴に気をつけろ!




ゴルフレッスン ロングホールのマネジメント②

【田中秀道×宮田志乃】③ロングホール・セカンドショット編

ゴルフ ロングホールバーディー奪取!!ドライバー編①

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ