知らなきゃ損!ロングホールが超簡単になるゲームプランとは?

コース攻略

知らなきゃ損!ロングホールが超簡単になるゲームプランとは?

知らなきゃ損!ロングホールが超簡単になるゲームプランとは?


ゲームプランを持とうという話を
どこかでしたと思うのですが、
ロングホールで具体的な話をしていこうと
思います。


ロングホールは長いというイメージを
持っていますか?


長くて何回打てばグリーンに届くのか?
なんて思ってラウンドしていませんか?


ロングホールが苦手な人は、ロングホールの長い距離に
負けてしまっているのです。


その結果、飛ばそうと力んでミスを連発するのです。
1回のミスが距離のプレッシャーをさらに増幅させて、
ミスを続けてしまうものです。


ロングホールでは、距離のプレッシャーを
拭い去れば大叩きしなくなるのです。


ではどうすれば「距離のプレッシャー」から
開放されるのか?


実は簡単です。
ゴルフは頭のスポーツ、無理のないゲームプランを
立てれば克服できます。


ティーショットを打つ前に、
そのロングホールを自分の打てる距離に分割します。


550yのロングホールがあるとします。
それを、200y 150y 150y 50y
これなら打てそうですか?


あるいは、180y 150y 150y
 70y これではどうですか?


パーオン狙いは頭から捨てましょう。
上のゲームプランでいくと、
最後のアプローチショットが寄ればパーです。


アプローチが乗らなくて5オンだったとしても
2パットでダブルボギーとなり大叩きは
しなくなります。


200y 180y 150y 
この距離を打つならプレッシャーがグンと
少なくなってくると思います。


ティーショットで180yから200yの位置で
安全なところを探してそこに狙いを定める。


上の例だと550yと長めのホールでも
180y打てれば問題なく攻略できるのです。


これが、ロングホールのゲームプランです。


上級者は各ショットの距離は違えど
全ての人がこうやって分割をしています。


ビギナーも自分にプレッシャーにならない距離で
ゲームプランを立てるとロングホールは
意外と簡単に克服できるのです。


ロングホールの距離はゲームプランで克服する


それでも、大きなミスもするでしょう。
その時は、そのミスした位置から
もう一度ゲームプランを考えることが必要です。


ミスをしたからといって焦って振り回していると
大叩きになってしまって、結果100を切るという
目標から大きく離れる事になりますからね。


【田中秀道×宮田志乃】③ロングホール・セカンドショット編

ゴルフレッスン ロングホールのマネジメント②

ゴルフ ロングホールバーディー奪取!!ドライバー編①

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ