マジで使える!ヘッドが簡単に加速する打ち方とは?

ドライバー

マジで使える!ヘッドが簡単に加速する打ち方とは?

マジで使える!ヘッドが簡単に加速する打ち方とは?


ヘッドが走る!


上級者は誰でもできていますが、
初心者やなかなか思うように100が切れない、
110がきれないという人には難しい感覚です。


ヘッドが走るとは、要はインパクトで
ちゃんとヘッドが加速するという事で
できると簡単なのですが、できないと無理に
手で加速させようとして上手くいかないものです。


手でいくら早く走らせようと思っても
意外とヘッドは走らずに無駄な力ばかりが入り
反対にヘッドが走る邪魔をする事も多いのです。


ヘッドを走らせる簡単な方法、
それは、手元はなるべく体から離さないようにする事です。


手元、要はグリップの位置が体から離れないと、
クラブは自然と回転運動をするようになり、ヘッドが走るのです。


言葉で書くと難しく聞こえるかもしれませんが、
クラブを実際に持って小さなスイングで
やってみると簡単にわかると思います。


30y程度のアプローチを打つくらいのつもりで
素振りをしてみましょう。


手元を体から離さないようにして
何度も素振りをしてみましょうね。


ボールが地面にある普通の状態で素振りをするより
腰の高さくらいにボールをあると想定して素振りをすると
ヘッドを走らせる感覚がつかみやすいですからね。


ヘッドが加速する感覚を覚えましょうね。


これができるとショットの質が向上しますからね。


【長岡プロのゴルフレッスン】ドライバーの打ち方

ゴルフスイングの基本 腕の伸ばし方

アイアン①打ち方の基本

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ