これは使える!大きなグリーンで気を付けるべき点とは?

パター

これは使える!大きなグリーンで気を付けるべき点とは?

これは使える!大きなグリーンで気を付けるべき点とは?


巨大グリーンのコースって
結構ありますよね。


その為グリーンの乗せることは簡単ですが、
パット数が多いという人も多いのでは
ないでしょうか?


巨大グリーンの場合、
奥行きも40~50ヤードあるなんて事も。


そういうホールの距離表示
(50yや100y、150yのしるし)は
グリーンのエッジに対しての場合が多いものです。


例えば、残り100y、
グリーンは大きく奥行き50yくらいある。
ピンは奥目に切ってある場合、
100yだからといって100yしか打たないと、
グリーンの手前にONし、残りのパットが40y
なんて事にもなるのです。


大きなグリーンでは距離表示が
グリーンのどこまでかを知っておこう!


グリーンの手前までか真ん中までかは
キャディーさんに聞けば教えてくれます。


また、セルフでのラウンドなら
1ホールは捨てて距離を調べるか、
もっと簡単に、スタートするときにゴルフ場の人に
聞いてからスタートしましょう。


巨大グリーンの落とし穴はもう1つ。
グリーンが近く見えることです。


距離表示が残り100yでも
かなり近く見える場合も多いのです。


その為どうしても手加減してスイングしてしまうもの。
しっかり100yを打ちましょう。

「パター編・芝目の読み方!」 GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」

ゴルフ グリーン上でのマナー - 今井純太郎

ゴルフ グリーン周りで失敗しないために

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ