知らなきゃマズイ!ゴルフで小さく振って方向性を出す時の注意点

スイング全般

知らなきゃマズイ!ゴルフで小さく振って方向性を出す時の注意点

小さく振って方向性を出す時の注意点


アイアンなどは、飛ばすクラブというより狙い通りに打つクラブです。
さらに言うと、方向性を一番に重視しないといけないクラブです。


方向性が高くなれば、それだけでグリーンオンする確率も増え
良いスコアになる可能性も高くなります。


そのアイアンの方向性ですが、簡単に良くする方法があります。
それが「コンパクトなスイング」をするという事です。


コンパクトなスイングをすると、それだけで方向性が高くなります。
思い切り振らないだけでも、実は方向性はかなり高くなるものです。


しかし、実は気を付けるべき点もあるのです。
このポイントを知らないと、コンパクトに振っているのに、
方向性が高くならないという事になってしまうので注意が必要です。


方向性を出したい、その為にコンパクトに振るのはいいでしょう。
大正解です。


ただ方向性を出したいという思いが強くなりすぎると
手で方向性を出そうとしてしまうのです。


狙った方向に腕を振ってしまい、中にはクラブを狙った方向に
投げるようにする場合も出てきます。


これは短い距離ほどそういう傾向が出るのですが、
いくら方向性を高めたいからと言っても
打ちたい方向に腕やクラブを出すのはいけません。


何がいけないかと言うと、打ちたい方向にクラブを出すという事は、
ワキが開くという事です。


場合によっては両ワキ開いてしまい、打ちたい方向にクラブを
投げるように振ってしまうのです。


そうなると正しくスイングできないので、方向性は悪くなります。


また方向性だけでなく、しっかりと振る事も出来なくなるので
ヘッドが走らず飛距離も不安定になります。


距離が不安定になると、力加減も悪くなり、タイミングも悪くなり
ミスに直結するのです。


方向性を出す為に、コンパクトに振る!


そういう場合でもしっかりワキを締めて普段通りに振る事を
心掛けましょうね。


それさえ出来ていれば、コンパクトに振る!という意識だけで
方向性が高いショットになりますからね。



アイアンのミスを無くすには、この練習がいいですよ!

 → こちら



今のゴルフのままでも100は簡単に切れます

ゴルフを難しく考えすぎていませんか?
あるポイントを意識するだけで、ショットも同じなのに
楽々100が切れるようになります。
もしかしたら、あなたが100を切れないのは、このポイントを
知らないだけかもしれません。
今すぐ、このポイントを読んで下さい。 >>>  こちら

方向性のためのスイングの軌道の作り方とは?

ドライバー方向性安定ドリル

方向性をよくする基本練習

方向性とショットの正確性が

飛距離も方向性も飛躍的に伸びる

ドライバーを短く持つと方向性が

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ